08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

酔いどれチャジーの徒然草

へっぽこギター弾きチャジーによる酔っ払いの戯言の如き音楽機材ネタblog

MXR "TTD overdrive" 

どうも、チャジーです( ´艸`)

今回は備忘録的に…。

どうやらJBやEJがこの秋のツアーで使っているというMXRの新作ペダルがあるみたいです。

その名も"TTD overdrive"

どうやら80年代に発売されていたChandler社の"Tube Driver"のクローンだとか。

こんなヤツですね、懐かしい…



MXR版の写真は載っけていいのか分からないので一応割愛。

でも見た目の色もツマミの感じも似ていますw

オリジナルでは真空管が内蔵されていましたが、TTDでは真空管は搭載せずにあくまでクローンとの事。

さて、一体全体どうなるのか?

楽しみですヘ(゚∀゚*)ノ
スポンサーサイト

Posted on 2012/09/29 Sat. 11:17 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

29

Leqtique "MAT(Limited CNC Maestoso)" 1st impression 

どうも、チャジーです( ´艸`)

直前のエントリで「よーし、お父さんこの調子で毎日更新しちゃうぞー」なんて言っていたのは誰だったのか…。

さて、それはそうと久しぶりの更新には訳があります。

ドン!

2012-09-25 22.27.36

Leqtique "MAT(Limited CNC Maestoso)"です(・∀・)

Leqtiqueshop限定で先行販売された無塗装のMaestoso:通称MAT。

これはLeqtique第一弾となったMARの後継機らしいです。

MARについては「おぉこれがTSだよね」って感じの印象でしたし、

既に色々なレビューがあるのでここでは割愛ヽ(゚◇゚ )ノ

さて、今回のMATは後継機という事でMARを発展させたTSだという事なのですが…

レビューの前に特徴を大雑把に公式から引っ張ってくると、

■ゲインレンジを広げ、

■ローエンドを強化し、

■バーサタイル化、

という事みたいです_(:3 」∠ )_

まだ大きな音で試せていないのでちゃんとしたレビューはできないのですが、

備忘録的に第一印象をツラツラと書いておこうかなと思います。


まずプラグインして思ったのは「思ってたより使いやすいTSだなー」って事。

というのも僕は所謂TSってのが苦手でして(ノω・、)

どうしてもあの中域に寄り過ぎた感じがスタイルや手持ちの機材にマッチせず…

なのでMARも試すだけで買いはしませんでした。

ですがその僕が「使いやすい」と思うのですから…(何様?)

ここら辺はもう流石って感じですね、前作のMARもTSでしたしLeqtiqueが得意な印象もあります。

ちなみにTSとえいば対称シリコンダイオードによるクリッピングですが、このMATではLED clippingを採用しています。

これは「バーサタイル化」を目指した一因なのかな?と勘ぐってみたり。

というのも、ちょっと前に大流行りした所謂3モードTS系なんかでも周りのバンド仲間を見渡すと結局一番使われてたのがLED clippingモードでした。

そう考えると自然な流れなんだろうし、確かに使いやすいというか耳慣れした印象でした。

そして一番驚いたのは「ローエンドを強化」ってレベルじゃねぇぞ!って事w

想像以上にもの凄くローが出ます(^▽^;)

恐らくはこれによりFUZZの所謂「壁っぽい感じ」の音の塊が迫って来るあの印象があり、

なのに中域に寄ったTS特有の感じも同時に存在するというとても不思議なサウンドが体験できます(・∀・)

たぶんここが好みの分かれるポイントになると思います。

FUZZが好きな人はお気に入りのFUZZを持っているだろうしね。


あとはかなり良く歪みます。

個人的にはGainは12時くらいで十分、それ以上はOverdriveじゃなくなっちゃう。

仕方ないんだろうけどGainを12時以降にしていくと"ノイズがとても目立つ"ので、

TSとしてOverdriveとしての使い方はGainを12時までってのが正解なのかなぁ?と。

逆にこれ以上の歪みが欲しいのであればあえてMATを選択する必要があるのか?という気がしなくもないです。

ただ、前述のようなFUZZっぽいサウンドで使いたいのなら断然アリです( ´艸`)

次にレンジに関してですが、ローがとにかく出ているのに対してハイはそこまで広がってる印象はありませんでした。

この辺りのレンジに関してはちゃんと大きな音で試さないと正確な事までは分からないので、

なんとなく濁しておいて後日他のTSとの比較なんかも交えてしっかりとしたエントリを…と思ってます。

(このパターンは大抵書かない)



確か10月からの一般販売だったと思いますので、機会があれば是非試してみて損はないペダルだと思います。

というか安いから買うといいよ、値段以上の価値はあると思うヘ(゚∀゚*)ノ

Posted on 2012/09/26 Wed. 18:44 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

26

Catalinbread "Galileo" 

どうも、チャジーです( ´艸`)

さて、最近では珍しく連日の更新です。

この調子で頑張ります、たぶんw

今回は僕も以前所有していたCatalinbreadから発売されたVOX AC30サウンドを狙ったペダル。

Catalinbread "Galileo"


名前からも分かる通り思いっきりあの時代のあのサウンドを意識しています(・∀・)

サンプル動画もまんまそんな感じw



かなり良い感じ!!ヘ(゚∀゚*)ノ

しかもこうやって聞くと結構幅広い音作りが可能なんですね。

僕は正直言ってVOX AC30サウンドってあまり得意ではなかったのですが、

これだけ幅広い感じなら全然ありだしむしろ欲しくなってきます。

GKY(俄然興味が湧いてきた)

いやぁこういうクラシックなサウンドが好きだと思えるようになってきたという事は歳を取ったのかもしれませんが…


ちなみに元になった同社の"CB30"はこんな感じ



これはこれでアリですね!

この"CB30"をアップデートし、同じくCatalinbread社の"NAGAVIPER"というDallas Rangemasterクローン機を"Galileo"専用にチューンしたものとを組み合わせたという事です。

冒頭にも書いたように以前CatalinbreadのペダルはDirty Little SecretやWIIOを所有していましたが、

どちらも素晴らしい出来だったので今回もかなり期待できるんじゃないかと思っています。

VOX AC30サウンドが好きな人も、僕みたいに本来はあまり興味のなかった人も、

実機は大きいし高いのでこういったペダルがあるというのは良いんじゃないかなぁ?と( ´艸`)

何より金色なのがカッコいい!w

Posted on 2012/09/14 Fri. 17:05 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 1

14

"Hardwire Supernatural Ambient Verb" 

どうも、チャジーです( ´艸`)

今日は作業予定の素材が来ず、ちょっと時間が出来たのでネタを探していたのですが…

お?

見た事ないペダルだぞ?





正面からだと…





黒くてカッコいい!!(・∀・)←

いやしかしコレなんなんでしょうね?

HardwierシリーズといえばDigitechだと思うのですが、そのDigitechのロゴがどこにもない…

PGSとのコラボ製品か何かなんですかね?

まぁ細かい事は気にせずにどんなものかなぁとサンプルを探すと…







他にもYoutubeで探すといくつか出てくるので既に発売はされてる模様?

一つ目の動画では

【feature 7 all-new, studio-quality "Lexicon" reverbs】

とか言っちゃってます…

"Lexicon"!?


大好物じゃないですか…!!ヘ(゚∀゚*)ノ

でもHardwireでLexiconってRV-7が既にあるよな…

とか思いつつ調べていると



こんな動画を発見( ´艸`)

おいおいおいおいおい…

おいおいおいおいおいおいおい!!!


もしかしてこれ…もの凄いんじゃないですか…?

それが179.95ドルとか…





人柱?

なにそれ美味しいの?(^q^)

Posted on 2012/09/13 Thu. 18:49 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

13

KJOD 

どうも、チャジーです( ´艸`)

ちょっと色々ありましてブログをAmebaからこちらのFC2に引っ越してきました。

しばらくは同時更新でやっていこうと思っています。

面倒になる前に移行作業が終わればいいのですが…w

そんなわけで改めてよろしくお願いしますm(__)m


さて先日、バンド仲間であるThe 706xのギタリスト・ケンヂ氏からかなりご機嫌なODが完成したという事で試させてもらい…

これがかなり気に入ってしまい是非とも僕用にも一台作って欲しいとお願いしていたのが遂に完成しました(・∀・)

見た目はこんな感じ

2012-09-09 01.17.19

無塗装です。

そりゃそうです。

売り物じゃないですし。

音が良けりゃそれでいいんですヘ(゚∀゚*)ノ

Inputジャックの下側にあるスイッチはバッファーのON/OFFなのですが、

このバッファーがまた結構秀逸でして…(・∀・)/

システムから外して使う場合なんかに後段に何台か繋ぐ場合にON出来たら良いなぁと思い追加してもらいました。

ちなみに、このKJOD(勝手に命名w)を試した当日、彼の作ったというペダルをいくつか試させてもらいましたが、

全体的に言える事がピッキングに対するレスポンスを中心に、非常にスピード感があるという事。

これってライブをやる上では非常に重要になってくる部分だと個人的には思っているのでとても好印象でした。

あとは全体的なトーンのレンジが広い。

僕は普段使っているシステムがCAA OD-100やCAA 3+SEという一般的にはトーンレンジの広いアンプ等を使用しているので、

これもオーダーをお願いした理由の一つでした。

ODというからにはGainを上げきってもそこまで歪む訳ではないのですが、

決まったアンプがあってそれをプッシュする際なんかにはとても重宝する感じです。

トーンも通常のトーンコントロールの他にプレゼンスコントロールが付いているので、

やはりアンプ相手に音作りをする際に便利ですし、そういった使い方が正しい気がしています。

いずれにしろもうちょっと色々なシーンで使い込んでまた改めてレビューしたいと思うペダルです( ´艸`)

Posted on 2012/09/12 Wed. 16:43 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

12

JOYO "JP-02" 

どうも、チャジーです( ´艸`)

近いうちにPedaltrain miniを格安で譲って頂ける事になり、

最近の懸案だったミニシステム完成へグッと一歩近づきました。

そんな中、電源ソースとして先日のエントリにも書いたEgo Sonoro "ZERONOISE ROAD"なんかが有力候補だったのですが…

思ったよりデカイ…(゚ー゚;

充電式なので買う一歩手前まで心は動いていたのですが、

考えてみれば充電式だからこそ筐体は大きくなる訳で(;^_^A

ともすれば小さいので何かないだろうか?

One Control "Distro"あたりが一番良いとは思うのですが、

一度買ったモノをまた買うのは芸がない←

という訳でちょっと探していると…

最近、その価格と音で世間を賑やかしている中国のJOYOから面白いモノが出ている事を確認。

コレです(・∀・)

$酔いどれチャジーの徒然草

小さい!

出力が沢山ある!!

そして…

$酔いどれチャジーの徒然草

下品だー!ヘ(゚∀゚*)ノwww


JOYO "JP-02" 10 Isolated Output Guitar Effect Pedals Power Supply
というブツらしいです( ´艸`)

スペックとしては…

8つの9VDC出力と12VDC,18VDCが各1個で計10出力。

全てセンターマイナスです。

9VDCは7つが最大容量100mAで1つが500mAとなっています。

12VDCと18VDCは各100mAです。

そして個人的に大ヒットwの青色LEDはON/OFFが可能な上、使用電力がlimitになるとflashするそうです。

便利ですが個人的には特に必要ない機能ですw

サイズも150 x 50x 30mmで388gとほぼ理想的なサイズ。

ebayあたりだと90ドル弱という感じなので国内に入ってきても10000円前後じゃないでしょうか?

ちなみに

$酔いどれチャジーの徒然草

付属品としてDCケーブルと1スポットのアダプタが付いてきます。


さて…どうしようかヽ(゚◇゚ )ノ

Posted on 2012/09/06 Thu. 17:30 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 3

06