03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

酔いどれチャジーの徒然草

へっぽこギター弾きチャジーによる酔っ払いの戯言の如き音楽機材ネタblog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

テレキャス完成!! 

どうも、チャジーです( ´艸`)

実は先日こっそりブログ用のアイコンを変えたので気がつく人は気がついている、そんな今更なネタ。

バン!!\\\\٩( ‘ω’ )و ////



可愛いのでもっかいドン!!!₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾



実はオーダーしていたテレキャスターが遂に完成したのです!!( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ

企画の立ち上げが確か去年の春頃。

本格的な始動は夏〜秋くらいからだったと記憶しています。

知り合いのビルダー氏には後から後から思いつきの様に出てくる僕のワガママを色々と聞いてもらいました∠( ゚д゚)/

特にネックの握りにはかなり拘り、僕に知識がないばかりにアナログ的に何度も握りを確かめさせてもらいながら仕上げていき、

現状のメインであるSnapperやTHROBBERから持ち替えた時の違和感を最小限にしてもらいました∠( ゚д゚)/

マテリアル関係も…

ボディトップにはご覧のビルダー氏秘蔵のカーリーメイプルを贅沢にたっぷり厚く貼ってさらにナチュラルバインディングに∠( ゚д゚)/

ボディバックはアルダー材でバックコンター加工をして見えない所で弾きやすくオシャレを∠( ゚д゚)/

塗装に関しても折角の虎目を活かし見た目を重視してオレンジサンバーストとレモンバーストの間くらいの感じに∠( ゚д゚)/

実際の見た目は1枚目と2枚目の写真の中間くらいといった具合です。

一方ネックは柾目メイプル材にこれまた柾目のローズ・ウッド指板というスタンダードな仕様ですがカーボンを入れて強度を∠( ゚д゚)/


PUに関してはリアがテキサススペシャル、フロントにはVoodoo P-90 TYPE1といった組み合わせ。

フロントのVoodooがちょっとパワフルすぎて若干バランスがちぐはぐなので近いうちにもうちょっとローパワーのモノに交換しようかと思っています。

いやぁそれにしても何が素敵ってボディの虎目が光の具合でギラギラ動いて超カッコいい( ^ω^ )

エフェクターもギターも機材は見た目が10割₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾

そんなわけで実際弾いてる感じはこんな



は〜ん、暗くても美人さんだぁ♪

そんなわけで少なくとも2016年いっぱいはこのテレを相棒にレコーディングにライブに頑張ろうと思います( ^ω^ )

ではまた_(:3 」∠ )_
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/19 Tue. 17:22 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

19

"Koch Superlead Tube Preamp” 

どうも、チャジーです( ´艸`)

最近めっきり機材欲が減ってしまい新しい機材を購入していないのでネタがないなぁ…(´・ω・`)

なんて思っていたのですが…



そういえば先日のライブに向けて買ってました_(:3 」∠ )_

Koch "Superlead Tube Preamp”

です\\\\٩( 'ω' )و ////

Kochのフロア型TUBE Preampといえば”Pedaltone PDT-4”が有名ですね(^ω^)

ご多分に漏れず評判を聞きつけた僕も以前に友人から借りて使用していた事があり、

音も良かったし所謂JC対策としてはかなり便利でした。

が…

デカいんです(´・ω・`)

重いんです(´・ω・`)

そんなにチャンネルいらないんです(´・ω・`)

PowerAmp出力とかいらないんです(´・ω・`)

エンハンサーみたいなのもいらないんです(´・ω・`)

音は良いのに使い勝手がちょっと悪いんです(´・ω・`)

あと高い(´・ω・`)



そんなこんなで「おお!いいじゃん!!」とテンションがあがったのも束の間、

数度スタジオに持って行っただけで心が折れすぐに返却した苦い想い出があります( ・᷄ὢ・᷅ )

だがしかし!!

そんなユーザーの声を受けてかどうだか知りませんが!!

Kochが満を持して発表したのがこの"Superlead & 63'OD"の二機種₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾

いやぁとにかくPDT-4の一番のネックだった大きさと重さを完全にクリアしました。

大きさについてはまだ若干不満な部分もありますが、Pre & Post send/return機能がめちゃんこ便利ですし文句は言うまい(^ω^)

重さは誰が持っても「軽っ!!」と驚くくらいに軽いです。

ボードに入れても何の苦にもなりません₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾


さて肝心のサウンドに関してですが( ^ω^ )

デフォルトで入っている真空管だと若干音が全体的にバタつくというか締まりがないというか…

なぜこの管にしたのかな?

という感じです(´・ω・`)

ですが、ストックにあったJJに交換したところギュッと締まり低域も程よくタイトで歪みの密度も濃くとても好みなサウンドになりました。





今回は在庫がなかったので試せていませんがGrooveTubes R2あたりも良さそうな予感がしています(^ω^)

また、あくまでプリアンプなので繋いだ段階で常時ONの状態になるので若干の注意は必要ですがそこまで気にしなくても大丈夫です。

入出力関係も片側にGuitarからのInputとAmp類へのOutputが纏まっており、

反対側には先述のPre & Post Sende/Returnが纏まっているのでボード内やシステム内での配線もとてもやりやすいです。

このあたりは流石だなぁといった設計₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾

そんなわけで先日のライブではこんな具合に…



シンプル・イズ・ベスト!!\\\\٩( ‘ω’ )و ////



ではまた_(:3 」∠ )_

Posted on 2016/04/19 Tue. 16:22 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

19

strymon DECO - Transparent Overdrive 

どうも、チャジーです( ´艸`)

ちょっと前に発表されたstrymon DECOという製品をご存知でしょうか?

所謂テープ・シミュレーターであるところの本製品。

つまりは一般的にはエコー・ディレイにカテゴライズされるはずの製品なのですが…

なにはともあれまずはこの動画をご覧下さい₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾



ね?歪んでるでしょ?(^ω^)

なんとテープ・シミュレーターである所以であるテープ・サチュレーションを弄る事で単体のOverDriveペダルと化すのです!

\\\\٩( 'ω' )و ////

公式では所謂Transparent Overdrive系だと言っています。

なるほどねぇ…こんな使い方があるのか…。

このDECOという製品、テープ特有のふらついたコーラスともなんとも形容しがたい独特なサウンドも作れますし非常に面白いですね。

そんなけでstrymon社のblogを読んでいたら面白い記事があったので軽くご紹介といった感じで。

ちなみにこのblogは結構有意義な情報が載っている事が多いので定期的にチェックされると面白いですよ(^ω^)


ではまた_(:3 」∠ )_

Posted on 2016/04/13 Wed. 18:18 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

13

お借りしたペダルたち 

(ちょっと間があいちゃったな…ブツブツ)

どうも、チャジーです( ´艸`)

先日、いつもお世話になっているヒカルさん(@chickensoboro)から自作ペダルをいくつかお借りしました(^ω^)



ドンッ!!!\\\\٩( 'ω' )و ////

こんな感じで本当はもう一台あるのですが思う所あって念のためそちらは今回は割愛で_(:3 」∠ )_

早速ザックリですがレビュー的なアレを…

"Caph1176"(左上)
製品名から想像出来る通り、名器"Urei 1176"にインスパイアされたリミッター。
個人的には使い慣れた機材でもあるので非常に繊細な設定から勢いある設定まで出来るのは好みなのですが、
あくまでリミッターなので所謂コンプの感じを求めるとやはりギターでは分かりづらいかもですね_(:3 」∠ )_

"S/2016 J16"(右上)
1knobのBoosterで印象としてはハーフトーンみたいなサウンドが出せる感じ。
ジャキジャキなサウンドを弾きたい時にON!ってのが良さそうです。
さらにフルアップさせると単純に音量があがるのではなく、ちょっとだけ歪みが加わり心地良い案配になります。
今回試した中ではコレか"CANOPUS"が現状の僕が求めるサウンドとしては一番使い勝手が良さそうに思えました。
より細かい設定をBoosterに求めるなら"CANOPUS"の方なのかなぁ?と。

”CANOPUS”(左下)
こちらはGain Booster 兼 OverDrive。
基本的には"S/2016 J16"と似た感じなのですがEdgeツマミで高域を調整する事でより幅広いサウンドメイクが可能です。
また、裏側にクリップスイッチがあり所謂フェンダーライクなクランチサウンドも出せるプリアンプライクなBoosterでした。
もし今使っている"flyingteapot No.14"を持っていなかったら欲しいなぁと思いました。

”EL/Nath”(右下)
コレはちょっと特殊なOverDriveでFluffというツマミで歪みの質感を調整できます。
絞ればファズっぽいサウンドになりますし、
こちらもクリップ切り替えがあり、その組み合わせではTS系のサウンドまで出せる不思議な感じ。
歪みの幅としてはそこまで深くは歪まないので所謂モダン的な感じではないですが、
王道のガツンとした歪みサウンドには丁度良さそうな印象です。

全機種通して感じたのはまずデザインがカッコいい₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾
エフェクターは見た目が10割ですね(^ω^)

あとどの機種もノイズが少なくクリーンでハイファイなサウンドという印象。
特に高域の部分に特徴があります_(:3 」∠ )_


さて、ついでに"G-Life DP-G1"もお借りして試してみました₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾



一緒に写っている「レジェンド」はご愛嬌(^ω^)

ギターやアンプで試してみましたが確かに音に変化はありますね。

もたついた帯域が若干スッキリしたように聴こえました。

所有していたらことあるごとにデガウスすると思いますがなければないで…ゴニョゴニョ(´・ω・`)


そうそう!!

久しぶりに友人らとスタジオに入ってあれやこれや遊びました!



相変わらずの統一性がなにもない_(:3 」∠ )_



個人的にも試してみたかった"GEMINI BOOSTER + 34-Xtreme"という組み合わせも試してみたり。

なるほどね!というサウンドになるので両方お持ちの方は是非お試しを(^ω^)



今回一番の発見は"VHT GP3"がそれはそれはとても好みで欲しくなったという事。

欲しいけど良い出物に中々出会えないのが玉に瑕( ・᷄ὢ・᷅ )

最後には恒例のギターを並べてパシャリ。



ストラトばっかwww


ではまた_(:3 」∠ )_

Posted on 2016/04/11 Mon. 19:27 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。