09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

酔いどれチャジーの徒然草

へっぽこギター弾きチャジーによる酔っ払いの戯言の如き音楽機材ネタblog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

PEAVEY 5150 真空管について 

今回は覚え書き程度の記事なのですが( ´艸`)

PEAVEY 5150-IIを使用している事は何度か書いてきました。
そして真空管を交換したのも以前書いた通りです。

現在では初段含め歪み部分にはTUNG-SOL 12AX7Aを。
clean部分にはSovtek 12AX7WAを。
Effects Loop Buffer部分とPhase Inverter部分にはElectro Harmonix 12AX7EHを使用しています。

色々試してきましたが、現状ではこのセッティングで落ち着いています。

確かにGrooveTubesのような選別管と呼ばれる管は特性も揃っていて良いのですがいかんせん高いです。
そんなに弾かない場合は良いかもしれませんが結構弾くとなると交換頻度も多くなり、
ランニングコストが結構な額になってしまいます。
一度に交換するとなると2~3万円はかかってしまいます。

なので普通にどこでも手に入り値段も高くない管を頻繁に交換する方が良いという結論に至りました。
気に入らなくてもすぐ替える事ができますからね( ´艸`)

さて、覚え書きというのはここからです。
一口に真空管の交換と言ってもいくつかソケットがあるのでどこに何を挿したらいいのか分からない事があります。

大抵はLからRといった具合に向かって左から右へ順番に並んでいるものなんですが、
PEAVEY 5150シリーズに関しては違う様です。

アメリカ本国で5150を含めPEAVEY製アンプのモディファイを積極的に行っている工房があります。
FJA MODSです。

ここに5150のプリ管の並びとその働きについて書いてあるページがあります。
そこの情報によると…

5150と5150 COMBOは↓の画像の並びになります。

酔いどれチャジーの徒然草-5150

そして5150-IIに関しては↓の画像の並びになります。

酔いどれチャジーの徒然草-5150-2

肝心なのは各々がどんな働きをしているかですが、
まずV3はEffects Loop Buffer用です。
次にV4がPhase Inverter用です。
この2箇所に関してはoriginal状態でもElectro Harmonix 12AX7EHが使用されていますし、
個人的に色々試した結果もElectro Harmonix 12AX7EHが一番良さそうです。

そしてV1が所謂初段と呼ばれている管です。
そこからV2,V5と続いて歪みが作られます。
特にV5に関しては所謂3rd gain stageと呼ばれている部分となり、
Leadを作るのに重要となってきます。
好みですがここにJJ ECC83Sなんかを挿してみても良いでしょう。

V1に関しても初段と呼ばれるだけあって重要なのですが、
5150-IIなら気にする事はないと思います。
注意すべきは5150と5150 COMBOに関してです。
この2機種では初段がcleanチャンネルの音作りで重要となるので、
もし綺麗なclean音を望むのであればここにsovtek 12AX7WAなんかを入れるとやりやすいかもしれません。

また5150-IIではV6にclean専用の管が用意されているのでボクはここにsovtek 12AX7WAを挿しています。

ついでに書くとV1,V2,V5にはTUNG-SOLを挿しています。
original状態ではsovtek 12AX7LPSが挿さっていますが、
original状態と比べるとTUNG-SOLは歪みがより滑らかになるというかきめ細かくなります。
12AX7LPSも良い管なので戻すかもしれませんが今はこれで気に入ってるのでしばらくはこれでいきます。

逆に荒々しいサウンドが好みであれば中国製の12AX7Aなんかを挿すのも良いかもしれません。
中国管はロシア管などと比べると真空率が低くゲインが高いみたいです。
さらに12AX7Aより12AX7Bの方がゲインが高いので試してみて気に入ったら12AX7Bも悪くありません。
ですがPEAVEYはあくまで12AX7Aを推奨しているので注意して下さい。

パワー管に関しても書こうと思いましたが長くなってしまったのでまた機会がありましたら書きます。


最後になりましたがあくまでこれはボク個人が調べた結果に基づく著しく個人的な覚え書きなので、
この通りに試して何かあっても責任はとれません。
あくまで自己責任でお楽しみ下さい。

と一応書いておきます( ´艸`)
スポンサーサイト

Posted on 2009/02/09 Mon. 15:31 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://chazy5150.blog.fc2.com/tb.php/48-876e7fa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。