07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

酔いどれチャジーの徒然草

へっぽこギター弾きチャジーによる酔っ払いの戯言の如き音楽機材ネタblog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

"flyingteapot No.14" 

どうも、チャジーです( ´艸`)

すげーよ、連日更新だよ(どうせすぐ力つきる)

そうそう、去年から書こう書こうと思って更新を怠っていたのでとりあげていない機材が1つ…。

昨年6月、自分への誕生日プレゼントとしてオーダーした(そういう建前)

"flyingteapot No.14"

です₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾

(右の赤い塗装に金箔が散らしてあるやつ)



購入前にデモ機を借りて少し試した事はあったのでオーダーへと相成り、

入手後もスタジオリハやライブ、レコーディング等と色々な場面で試したので軽いレポを(^ω^)



デモ機はこんな感じだった


まずNo.14はLevelとGainのコントロールツマミにON/OFF表示用のLEDがある、一見OverdriveっぽいBoosterです。

裏蓋を開けると内部にはDIPスイッチが2つありこの組み合わせでレンジのコントロールが可能となっています。

結果的にレンジが変わるんだけど実際には一段増幅なのか二段増幅なのかとかそういうのね_(:3 」∠ )_

あ、ちなみに当たり前ですがDIPスイッチが2つという事は組み合わせは4つになりますが、

実はそのうち1つの組み合わせで音が出なくなります。

これは仕様上どうしてもこうなるみたいで、だから変に弄れないように内部に入れたとかなんとかそんな噂を聞いた覚えがあります(^ω^)


ちなみに製品名のNo.14ですが…

14番という事は以前にNo.1~13があったのか?

そもそも製品化されたのか?

その辺りの詳しい事は知りません_(:3 」∠ )_

(十四代ってお酒美味しいよね)


話を戻して…

僕はこのNo.14をボードの入力初段に置きプリアンプ的な、バッファー的な役割としてボードに入れてあります。

なのでCAJ IN and OUTのInput Bufferはオフにしています。
(このBufferも実に良く出来ているのでOutput Bufferはオンにしてありますが)

そうする理由については割愛しますが、

僕のボードでのクリーンは基本的にこのNo.14で作った音が基本となりあとは空間系を足す感じ、となっています(^ω^)


さて、この手のペダルで有名なのに"MXR micro amp"がありますがこちらは1ノブ。



(不満点があったので多少手を加えましたがそもそも弄る場所が全然ない!=よく出来たペダル)

1ノブは考えなくていいので非常に便利なのですがそれ故にか一緒にGainも持ち上がるので歪ませたくないという人には向いていません。

例に漏れず僕もmicro ampを所有していますがやはり美味しい部分で若干歪む…( ・᷄ὢ・᷅ )

やはりGainに関しては別で設定したいなぁと思っていたのでNo.14に乗り換えたというわけです(^ω^)


あ、あと特徴的なのはGainが別で設定できるのである程度歪ませる事も可能です。

音の傾向としてはちょっと荒々しいOverdriveといった感じでしょうか…。

これはこれでジャカジャカやるには結構良さそうな音色です(^ω^)


まぁそんなわけでmicro ampを使っているけどもうちょっと設定を細かく弄りたい、

もしくはmicro ampは持ってなくて、これからこの手のBooster導入を検討している、という人にはオススメかな?と思います。

値段も安いしね←重要


それではまた(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/27 Tue. 16:48 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://chazy5150.blog.fc2.com/tb.php/977-57829ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。