08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

酔いどれチャジーの徒然草

へっぽこギター弾きチャジーによる酔っ払いの戯言の如き音楽機材ネタblog

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

お借りしたペダルたち 

(ちょっと間があいちゃったな…ブツブツ)

どうも、チャジーです( ´艸`)

先日、いつもお世話になっているヒカルさん(@chickensoboro)から自作ペダルをいくつかお借りしました(^ω^)



ドンッ!!!\\\\٩( 'ω' )و ////

こんな感じで本当はもう一台あるのですが思う所あって念のためそちらは今回は割愛で_(:3 」∠ )_

早速ザックリですがレビュー的なアレを…

"Caph1176"(左上)
製品名から想像出来る通り、名器"Urei 1176"にインスパイアされたリミッター。
個人的には使い慣れた機材でもあるので非常に繊細な設定から勢いある設定まで出来るのは好みなのですが、
あくまでリミッターなので所謂コンプの感じを求めるとやはりギターでは分かりづらいかもですね_(:3 」∠ )_

"S/2016 J16"(右上)
1knobのBoosterで印象としてはハーフトーンみたいなサウンドが出せる感じ。
ジャキジャキなサウンドを弾きたい時にON!ってのが良さそうです。
さらにフルアップさせると単純に音量があがるのではなく、ちょっとだけ歪みが加わり心地良い案配になります。
今回試した中ではコレか"CANOPUS"が現状の僕が求めるサウンドとしては一番使い勝手が良さそうに思えました。
より細かい設定をBoosterに求めるなら"CANOPUS"の方なのかなぁ?と。

”CANOPUS”(左下)
こちらはGain Booster 兼 OverDrive。
基本的には"S/2016 J16"と似た感じなのですがEdgeツマミで高域を調整する事でより幅広いサウンドメイクが可能です。
また、裏側にクリップスイッチがあり所謂フェンダーライクなクランチサウンドも出せるプリアンプライクなBoosterでした。
もし今使っている"flyingteapot No.14"を持っていなかったら欲しいなぁと思いました。

”EL/Nath”(右下)
コレはちょっと特殊なOverDriveでFluffというツマミで歪みの質感を調整できます。
絞ればファズっぽいサウンドになりますし、
こちらもクリップ切り替えがあり、その組み合わせではTS系のサウンドまで出せる不思議な感じ。
歪みの幅としてはそこまで深くは歪まないので所謂モダン的な感じではないですが、
王道のガツンとした歪みサウンドには丁度良さそうな印象です。

全機種通して感じたのはまずデザインがカッコいい₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾
エフェクターは見た目が10割ですね(^ω^)

あとどの機種もノイズが少なくクリーンでハイファイなサウンドという印象。
特に高域の部分に特徴があります_(:3 」∠ )_


さて、ついでに"G-Life DP-G1"もお借りして試してみました₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾



一緒に写っている「レジェンド」はご愛嬌(^ω^)

ギターやアンプで試してみましたが確かに音に変化はありますね。

もたついた帯域が若干スッキリしたように聴こえました。

所有していたらことあるごとにデガウスすると思いますがなければないで…ゴニョゴニョ(´・ω・`)


そうそう!!

久しぶりに友人らとスタジオに入ってあれやこれや遊びました!



相変わらずの統一性がなにもない_(:3 」∠ )_



個人的にも試してみたかった"GEMINI BOOSTER + 34-Xtreme"という組み合わせも試してみたり。

なるほどね!というサウンドになるので両方お持ちの方は是非お試しを(^ω^)



今回一番の発見は"VHT GP3"がそれはそれはとても好みで欲しくなったという事。

欲しいけど良い出物に中々出会えないのが玉に瑕( ・᷄ὢ・᷅ )

最後には恒例のギターを並べてパシャリ。



ストラトばっかwww


ではまた_(:3 」∠ )_

Posted on 2016/04/11 Mon. 19:27 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

11

Michael Landau 

気がつけばあっという間に桜前線も北上し、そろそろ今年も新しい出会いの季節。

皆様いかがお過ごしですか?

どうも、チャジーです( ´艸`)

さて、ちょっと前の話ではありますが先日Michael Landauが来日していたので僕も2年振り2回目のライブ鑑賞へ。



いやぁ世界的ギタリストですし当たり前でこんな事を言うのは失礼ですが

「ギター上手いなぁ…」

と惚れ惚れする事しきり(^ω^)

今回はゲストとしてカーク・フレッチャーが参加、なんだか今回はいつもより歪みマシマシのロックなライブでした。

大好き₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾

さて、2013年6月以来の極上プレイを楽しんだ後は恒例の記念撮影&サイン会へ\\\\٩( 'ω' )و ////



今回のライブでカーク・フレッチャーのファンになっちゃいました。



待っている間にトイレへ行こうと歩いていたら廊下にゲイリー・ノヴァクが居たので話しかけたら気さくに写真を撮ってくれたりもして(^ω^)

そんなわけでこんな感じに\\\\٩( 'ω' )و ////





ではまた_(:3 」∠ )_

Posted on 2016/03/18 Fri. 16:31 [edit]

category: music

TB: 0    CM: 0

18

Ovaltone “34-Xtreme” 

「奥さん知ってる? いつの間にやらもう2016年なんですって!!」

「2016年!? やだわぁ~どんどん歳とっちゃう…(´・ω・`)」


明けましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願い申し上げます!!!

どうも、チャジーです( ´艸`)

いやぁ時が経つのは本当に早いですね。

「光陰矢の如し」とか「行き交う人も又旅人也」とはよく言ったものです。

……

う…嘘…だろ……3月…だと………(・_・;)



という訳で最後の更新が2015年の9月「DD-500を買ったよー」というのでしたが、

こりゃいかん!と冒頭の部分を1月(しかも下旬)に書いていたにも関わらず、

さらに挙げ句の果てに丸々二ヶ月もの間放置した結果がコレだよ!!


さて、更新しなかった間にも色々とありましたがなにはともあれ更新するという事はネタがありまして…



ドンッ!\\\\٩( ‘ω’ )و ////

Ovaltone “34-Xtreme”を購入しました♪

『説明しよう!

34-Xtremeはその名のとおりEL34管を使用したブリティッシュアンプ、
およびそのモディファイアンプを強く意識したディストーションペダルです。


 なのだ!』

民明書房刊『オーバハトーン大全』より

Ovaltoneと言えば今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのハンドメイドエフェクターメーカー、

先日ディスコンになった代表機種”OD-FIVE Xtreme”は今でもオークションなどで高値で取引をさています。
(これについてはなんだかなーと思う事が多々あるけど)

そんなOvaltoneが2014年に後藤貴徳氏と開発し発表されたGD-013以来久しぶりの歪みペダルとなれば気にならないわけがありません。

…とはいえ実は去年夏くらいに縁あって”34-Xtreme”のコンセプト機を弾かせて頂いた事があるのですが、

その時に色々と開発秘話なんてのも聞いていたりその後の飲みですっかり忘れたりしていました( ^ω^ )

チャジーなんてそんなもんです( ^ω^ )

気を取り直して肝心のサウンドですがこれがもう驚くくらいにみんな大好き所謂Marshallサウンド!!

アホの子みたいな言い草ですが本当にそうなんだから仕方がない(´・ω・`)

TONEツマミの左右にVOICEスイッチとCH.スイッチがありこの2つのスイッチの組み合わせで多彩なサウンドが楽しめますし、

例えば僕みたいに普段はJCを使うって場合にはVOICEを”M”にしてやるとグッとMIDが持ち上がる事でJC臭さと言われる部分を上手い具合にマスキング可能で便利です( ^ω^ )

またCH.スイッチに関しては”B=Bogner”、”F=FRIEDMAN”、”P=Plexi”みたいな感じだと予想が出来ますが、

おそらく”34-Xtreme”を良いと思うような僕みたいなユーザーは”Pモード”はともかく、

”Bモード”と”Fモード”で迷う事があると思います。

どちらもハイゲインの改造Marshall系サウンドなのですが、

具体的に言うと”Fモード”は高域の部分までキチンと歪んでいて”Bモード”はそこに芯が残っている感じです。

とはいえ“Bモード”でGAINをMAXに近くするとかなり”Fモード”っぽさが出てきたりもします、面白いです。

個人的には外部からラッチでこのCH.スイッチ切り替えが出来たらなぁ〜なんて思うくらいにどのモードも使えます( ^ω^ )


つらつらと僕の主観をさも公式見解の様に書き連ねましたがあくまで個人の使用感です。

用法用量は守りあくまで自己責任で、くれぐれも苦情はご遠慮下さい(´・ω・`)


他にはこの半年の間に…



ラックがこんな事になっていたり…



J( 'ー`)し「5008なんて二枚あってもしょうがないでしょ!!」


あとは着々と進んでいます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

Posted on 2016/03/10 Thu. 23:23 [edit]

category: 音楽機材

TB: 0    CM: 0

10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。